スポンサードリンク

風水と間取り

トイレについて

●家族の中の十二支方位であれば、十二支方位に便器がかからないような配置とする事は大切です。


●寝室とトイレが隣接している場合、トイレがどの方位に設置されているかで影響力の発生が違います。
 浄気効果のためにトイレ内に木の棚を設け植物を置き、便器廻りのマット、便座のカバーなどを取り付けましょう。
 寝室に植物を置きましょう。


●1階トイレの上にダイニングが配置された場合、その逆の場合ほど凶の作用は大きくないです。
 トイレは通気を大切にしましょう。


●トイレがよくない方位にある場合、よくない気の発生を少しでも弱小とするための対処が大切です。
 たとえば、トイレ内にタナを設け植物を置き、樹気効果を適用したり、便座のカバーや、トイレマットを敷き、使用時以外はフタをするなどしましょう。




スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。